【同一エリア内にマシンを置いたらどうなる?】続・大阪市内京橋エリアの事例

2018.03.17 1:57

以前にも京橋内で自販機を設置した事例がありましたが、今回はそちらのお店の近くにあるホールです。こちらのお店も、タイミングよくコーヒーワゴンから切り替えるということで弊社にお話がかかりました。

この業界では、近年コーヒーワゴンの撤退が多く見られます。とはいえど、コーヒーワゴンでもしっかりと収益を上げているお店が存在することも確かです。今回ご紹介するお店でも、撤退するとは言いつつも1日70杯以上は確実に超えていて、十分採算ラインは取れていたように思います。

結局のところ、”売れているor売れていない”という判断はコーヒーサービスを提供している業者のやり方にも依存するのかもしれません。以前紹介した岸和田の事例のように、お店側の負担が大きくなってしまうパターンもあります。今回のお店も、そういった不満は少なからずあったようです。

近くに同じマシンを設置した場合、売り上げに影響は出ないか?

そういった点を踏まえた上での設置となるわけですが、弊社が懸念したのは、以前設置した同じ京橋内にあるお店と距離が近すぎるのではないかという点です。

よく目にする自動販売機であれば、近くに同じ会社の機種があるのはごくごく当たり前の話ではあります。

しかしヨシムラコーヒーの場合は、まだまだ設置事例が少ないという状況です。認知度の低さを逆手にとってインパクト重視で客寄せをするというのが、弊社の当初の目論見でした。

以前設置したお店と同じ地域内にあることで、コーヒーマシンの目新しさもなくなってしまい売り上げも伸びづらくなるのではないか、と思ったのです。

当初の懸念は杞憂に終わり、思わぬ相乗効果があった!

しかし、いざスタートしてみれば、その懸念も杞憂に終わりました。最初の1週間でおよそ160杯、その後すぐに1週間で200杯近く売り上げるようになったのです。

初日、マシンの設置後すぐにお客様から「もう買ってええか?」というお声をいただき、お店の了承を経てすぐに販売を開始したところ、なんと操作を間違えずにちゃんと買えているではありませんか!

近くに同じコーヒーマシンを設置しているということが、逆にお客様が利用しやすい状況を生み出していたのかもしれません。

そして以前に設置したお店ですが、こちらも売り上げに特に悪影響は見られず一安心。思わぬところで相乗効果がありました。

両店舗の意外な違い

同一エリア内に同一マシンを設置、それが今回の事例です。一見、単純にライバル店同士が売り上げを気にしながら競っているようにも見えますが、両者比較してみると販売内訳が決定的に違います。

前回設置したお店では、マシンがお店の入り口付近に設置されていることから、入店時に購入して台につくというお客様が多く見られました。よって現金での購入が圧倒的に多いです。

対して今回のお店では、ホールカウンター付近に設置しています。よって景品交換での販売が多くなりました。

大阪全体で言えることなのですが、1杯500円を切っているということもあって景品交換としてチョイスされることも多いです。お客様によっては端玉交換で貰えるお菓子などよりも、美味しいコーヒーを所望される方も多く見られます。

もちろん、缶コーヒーを選ぶお客様もいるので、単純にそのまま弊社のコーヒーを選んでもらえるわけではありません。

しかし、このお店は前回設置のお店と同じく年配のお客様が多く見られるホールです。「この地域のお客の心はつかんだ!」というのは言い過ぎかもしれませんが、いくらか上手くいっていたように思いました。

また、「従来はコーヒーワゴンで1杯300円で提供されていたものが、同程度以上のクオリティで1杯200円となり買いやすくなった」というお客様の声もありました。

お店の努力も大きな要因となっています。どちらもお声がけはするものの、決して押し売りをするのではなくあくまでお客様に選択を委ねています。そういった心遣いも良かったのではないでしょうか?

弊社のコーヒーマシンを知らない方は、来店する前にどこかのコンビニコーヒーや自動販売機の缶コーヒーを買って持ち込んでしまうかもしれない。来店した後も、お店の外に行ってどこかでコーヒーを買うかもしれない。

お店からしても、外に出てしまったお客様は再度お店に戻ってくる保証が無いので、せっかくの売り上げが無くなってしまう恐れがあります。お店の中でコーヒーが提供できることを認知してもらえれば、わざわざ外に買いに行くお客様も減るでしょう。

ホールカウンター前に設置して景品交換で促し、飲んでいただくスタイル。

ちょっと美味しいコーヒーで一息ついたら、気持ちが切り替わって店を出ずに踏みとどまるかもしれない、コーヒーマシンを設置するというのはお店に取ってもこういったメリットがあるのだと思います。

カテゴリー