吉村珈琲

神戸にある自家焙煎の珈琲店

BLOG

【設置事例】大阪府パチンコホールの例

「新しい試みのスタート」


初めは、ホールカウンターに新たなコーヒーサービスを提供したい。ここからがスタートでした。


ホール業界では主にコーヒーワゴンサービスが定着していましたが、近年人手不足、応募が来ないなどの状況から満足にサービスが提供できないという一種の流れが出てきました。


大体が、業者に委託しているまたは自社で展開している所もあるが、上記の状況は等しく訪れている状況です。


じゃあ、ホールが自分達で新たに機材を買ってサービスの拡充をおこなうか?となった場合、確かにそうする所も出てくるが、大部分が出来ない、あるいはそこまで投資する意味がないなど、すんなり立ち上げようとはしないのが一派的です。ヨシムラコーヒーとしてどうすればいいのか?模索しながら最初のお店に出会いました!


 


この店舗は今までコーヒーサービスの実施がなかった店舗。新たにヨシムラコーヒーが提案した内容を初めて受け入れてくれた店舗になりました。「機械は無償で提供します」ここまでは他の業者でもよくある話。


ここから「材料も無料で補給します」。「メンテナンスも行います」売上は回収してその中から「手数料をお支払いします。」この提案から手探り状態で始まったシステム。はじめは苦労しました・・・許可取りから、設置場所、僕らの話を受け入れ、実践してもらえるだろうか?など話し出したらキリがないくらいに、思った以上に設置まで壁がありました。


今となってはこちらの店舗は月間で2000杯まで売れる店に成長。味がお客様に受け入れてくれたのもあるかもしれませんが、個人的な意見としてはホールのスタッフの実力が大半だったと思います。そうやってホールとヨシムラとで模索しながらやっていった結果が現状の現れだと感じています。



味の受け入れに関しては、今でもメンテナンスをした時に高評価を貰っています。もう「缶コーヒーは飲まんわ」「一日3杯から5杯ぐらい飲むわ」などその当時は冬場もありましたが、「そんなに飲むの?」と正直、驚きを隠せないぐらい売れています。


どうやって、ここまで杯数が伸びていったのか?というのは、また別に上げたいと思います。


 


コンビニではもはや見ないぐらいに普及してきたこの手のマシン。もはやホールに置いてもこの認知と需要今まで「コンビニにあるもの」というイメージがあって独占市場と化してきましたが、ホールでも置けますよ。

(最終更新:2017年12月7日)