【パチンコホールではない場所での設置】千葉県茂原市における設置事例

2019.04.13 15:54

今回のお店は千葉県茂原市にあるのですが、いつもとは勝手が違う非常にレアなケースです。

設置するお店はパチンコホールではなく、某携帯販売代理店。今回の事例は、そういったパチンコホール以外の事例を中心としたお話となります。

そもそも、コンビニにあるようなコーヒー自動販売機を携帯販売店で見かけたことはありますか?少なくとも弊社の人間ではいません。

最近は、喫茶スペースを前提として設計している携帯販売代理店もちらほら見かけるようになりました。

また、缶の自動販売機や給茶機などの無料サーバーを設置しているお店もあります。

しかし、コーヒーマシンを設置しているお店は見当たりません。もちろん全国くまなく探せば設置しているお店もあるかもしれませんが・・・。

弊社としても先方としても、全く新しい試みだったと思います。

携帯販売代理店に設置するときの問題点

このブログを読んでいる方であればご存知かもしれませんが、コーヒーの自動販売機というのはどんな場所でも設置できるということではありません。

一番大事なのは水回りの確保です。水がなければコーヒーを入れることができません。

もちろん、携帯販売代理店の店内に水回りなんてそうあるものでは無いでしょう。トイレはありますが、飲み水ではないので口に入れることはできません。

そして、水回りを確保してもまだまだ問題は山積みです。

まずコーヒーを有料で販売するのか、それとも無料で提供するのかという点。どちらにするかによって、今後の動き方が大きく違います。

有料で販売する場合、水回りの設備をしっかり確保して営業許可を取る必要があります。

のちのち売上の良し悪しに関わらず、とりあえず環境をしっかり整える必要があるので、初期費用が大きくかかってしまうのです。

利幅が確保できるので、ある程度負担を抑えることはできます。うまく営業できれば利益を生み出すことも可能です。

しかし問題なのは固定客はいるのか、という点です。

流動客ばかりとなると、コーヒーマシンの認知もしづらくなり結果的にコーヒーが売れないという状況が生まれてしまいます。

一方無料にした場合ですが、初期費用は抑えることができる点はメリットです。無料なので手に取ってもらいやすく、客数に応じて杯数も見込めます。

しかし、問題はどうやって利益を出すのかという点です。

無料で提供する場合は、機械を無料で貸し出して材料費で売上を出すというのが一般的な形となります。そのため、どうしても設置したお店に負担をしていただく必要があるのです。

最近は材料費の高騰もあり、コーヒーに関しても意外に経費がかかってしまいます。お店としてもあまりお金を出したくないというのが本音であり、だからこそ弊社にお問い合わせをするお店の方も多いです。

じゃあお店の負担がないような形にできるのかというと、そうなってくると今度は弊社の利益がなくなってしまい機械を提供するメリットがなくなってしまいます。

一旦無料で提供した場合、あとから有料にしづらいというのもネックです。

まずは、有料か無料かという点から決めることになりました。

とりあえず有料で始めてみた

結果から言うと、有料で始めてみることにしました。

理由は、万が一うまく運用できなかった場合、有料から無料に路線変更するのはそこまで難しくないからです。

しかし上で書いた通り、有料で販売するには営業許可を取る必要があります。大変なのはここからです。

「まあ、言っても工事をするだけでしょ?」と思われる方もいるかもしれません。実際に営業許可を取るための設備を整えること自体は、そこまで難しくないです。

しかし、今回のお店は違いました。

大手企業の代理店ということもあり、店内のレイアウトに関して思った以上に大きな縛りがあったのです。レイアウト上のルールがあり、大きく損なうものはルール違反となってしまいます。

では、どうやったのか?

簡単な話です。うまいことやったのです。

営業許可を取るための設備はしっかり整えつつ、レイアウトのルールから大きく逸脱しないようにお店側に何とかやっていただきました。

もうここまでやってもらったからには、「許可が降りませんでした・・・」では済みません。

結果的には営業許可も降りて、何とか営業にこぎつけることができました。あまり詳しくは書きませんが、ここまでいろいろと試行錯誤はあったのですが・・・。

探り探りでやった中で営業許可も無事降りたのは、協力していただいた方々の手際が非常に良かったという点に尽きるとお思います。感謝してもしきれません。

今回ばかりは、なかなか危険な橋を渡ったなぁと今では思います。

ひとまず今回のお話はここまで。設置してみて実際に売上がどうだったのかは、また次回お知らせしたいと思います。

ピーアイ通信株式会社 http://pi-ds.co.jp/wp/

カテゴリー