【作業と取るか接客と考えるか】神奈川県大和市における設置事例

2019.04.13 15:51

今回のお店は、神奈川県大和市にあるお店です。

場所は最寄えきを降りてすぐの駅前立地で、これだけ聞くと人通りもあって稼働も良い好条件に感じます。

しかし実際のところ、駅を降りてロータリー周辺を見渡してみてもあまり人通りはありません。
(タイミングが悪かったのもあるかもしれませんが)

駅前といえばコンビニなどのお店が密集しているものですが、この駅周辺はとても寂しい感じ。全く無いということではありませんが、パッと見えるようなところにお店は見当たりませんでした。

店長も「ここの降車率はランキングでも下の方なんだ」と話をするくらいです。

実はこれよりも先に同じ系列のお店にも設置していたのですが、それから4ヶ月ほど遅れての今回の設置でした。

上記の通り駅前の寂れ具合からか、店長から「だからヨシムラさんはわざと設置を送らせて渋ったんじゃないの?笑」と言われてしまいました。

もちろんそんなことはなく、その直前に設置をしていた系列店で苦労していたこともあり4ヶ月も遅れてしまった、というのが実のところです。

しかし、お店からすると周辺環境と先の設置実績を見て判断したんだなと捉えられても仕方はないでしょう。その節は本当に申し訳なく思っています。

いける自信はあった

導入は遅れたものの、弊社としては下見をした段階で他の系列店よりも売れる自信がありました。

お店がワンフロアで移動距離が短く、その割には景品コーナーや休憩所のスペースは十分確保されていて、これまでの検証データから売上が見込める条件が揃っていると思えたからです。

周辺にお店が少ない点も、裏を返せばライバルが少ないということであり需要が集中する可能性も十分期待できます。

弊社としては良い条件が揃っているお店だったのです。

そもそもこのブログでも書いている通り、コーヒーの売上の良し悪しは稼働の良し悪しに必ずしも影響される訳ではありません。よって気合も十分。

すでに設置した系列店の検証データが揃ってきたこともあり、満を持してという感じでした。

お店一丸になる

このお店のコーヒーサービスは、月に一度のイベントでのみ実施されていました。限定的な開催ということもあり、1日の売上は100杯はあったそうです。

さすがに毎日サービスを提供してこの売上を確保するのは至難ですが、今後の目標として大きく掲げています。

しかしイベントのときだけしていた業務を、今度は日常業務に組み込まなければなりません。スタッフの中には、面倒な作業が増えてしまうと感じる方もいるかもしれないでしょう。

新しい業務を実施するうえで大事なことは、現場と上部が同じ方向を向いていることだと思います。

店長がどれだけ自信を持ってサービスを提案しても、実際に働くのは現場の部下です。部下が面倒だと思えば、それが作業となってしまい接客になりません。

逆に現場のスタッフがやる気を出しても、上部がやる気を出さなければ指示も降りてこないばかりか、他の業務が優先されてしまい結果的に売上に支障が出てしまいます。

すでに系列店でも成功の兆しが見えていても、同じような施策を実施したところで必ずしも同じ結果が得られるとは限りません。お店ごとにある程度の工夫は必要になります。

売上の進捗を見える化

マシンを設置すると同時に、従業員用出入り口を入ってすぐのところに下の写真のようなホワイトボードが設置されました。

いわゆる売上の進捗を見える化したのです。これは、他の系列店では見られない光景でした。

お店側は「従業員入口入ったらすぐそこにコレがあります。数値は「オープン」にしてスタッフさんに日々を自覚させる光景が見られます」と言っていました。

売上の結果がどうであろうとみんなで良くなる方向に持っていく、できることからやってみて現場に具体的なイメージをわかせる良い事例だと思います!

考えてみれば、最初から兆候はありました。店長が上記の降車率の話に続いて次のようなことを話していたのです。

それでも、ウチのスタッフは優秀だからね、何とか普通にやれてるんだよね

上部と現場の部下の方々の間には、とても良い信頼関係があるようでした。

マシンの設置の段階ですでに現場の末端までしっかりと浸透しているという印象が強かったです。会社を運営しているものとして、うらやましくもありますね笑

このように上司と部下の意思疎通がしっかりとできているお店では、どんなときでも結果が出るのも早いです。

1ヶ月半ほどの期間で、遊戯台数こそ系列店の中で一番少ないもののコーヒーの売上は1番という結果を残しました。

1日100杯を目指して

売上も上々な滑り出しを見せたお店ですが、それでもなお満足はしていないようです。実際に以前のように1日100杯売上る日も来るかもしれません。

皆さんのところも、作業にならず接客をしっかりとやっているか、この点は確認された方が良いでしょう。

最後にこのお店で、作業ではなく接客をしている光景で締めたいと思います。

ピーズタウン桜が丘店  http://www.p-world.co.jp/kanagawa/sakuragaoka-ps.htm

カテゴリー